1. ホーム
  2. ≫【完全無料】ネット申し込みで車検見積りが劇的に安くなる裏技!

【完全無料】ネット申し込みで車検見積りが劇的に安くなる裏技!

ディーラーの車検見積もりを見て驚いた!
予想より高くてヤバい!
こんなに整備する必要あるの!

などなど、ディーラーから提示された車検見積りに愕然とした体験がある方もいると思います。

でも安心してください。ディーラー車検とは比べ物にならないぐらいの価格で車検を受ける方法があります。

もうディーラー(正規販売店)の高額車検を通す時代は終わりました。

これからは、ネット申し込みの格安車検で得する時代です!

「何となく安心」とか、「車検業者を探すのが面倒くさい」という方もいると思いますが、車検内容に差なんてありませんし、別にめんどくさくもないです。

お金はあるから別に気にならないという人はいいですが、車検費用を少しでも節約したいと考えている方は、ネット限定の車検見積もりサービスを使ってみてください。

車のメンテナンスを専門にしている業者ばかりなので、ディーラー車検の半額以下でできることもありますからね!

⇨車検サービスランキングをすぐに見たい人はこちら

ネット車検サービスを選ぶ4つのポイント!

車検見積りサービスを使う上でチェックしておくポイントは以下の4つです↓

加盟店舗の数

店舗の数
車検がいくら安くなっても家の近所にお店がなければ手間が増えてしまいます。だからこそ、加盟店の数が多いサービスを選ぶようにしましょう。

キャンセル手数料

キャンセル手数料
申込みをしてから都合が悪くなってキャンセルしたい場合に、何日前までなら無料でキャンセルできるかは事前にチェックしておきましょう。

クレジット払いに対応

クレジット決済
格安車検の場合、クレジット払いができないお店も存在します。車検費用を分割払いにしたい方や、現金で払いたくない方は事前にチェックしておきましょう。

引取&納車対応

引取・納車
引取&納車サービスが付いている所は限られますが、車検時に車を持ち込まなくて済むので、かなり便利です。また、車検切れの車を車検に出したい場合に重宝するので、必要な場合はチェックしておきましょう。

以上4つのポイントさえ抑えておけば、ネット申し込みの車検で失敗することはありません。

【2017年版】無料車検見積りサービスおすすめランキング!

第1位Goo車検

Goo車検公式サイト

店舗数 キャンセル料 クレジット払い 引取&納車 総合評価
1,600店舗
2日前まで無料
全店対応
全店対応
星45個4.8

「カーと言えばGoo」でお馴染みの会社が運営するサービスです。圧倒的な知名度なので、初めての方でも安心して使えます。1番の強みは車の引取&納車をしてくれる点です。車検時にわざわざ車を持っていく手間が省けて、車検代も安くなるので、使わない理由がありません!

Goo車検で無料見積もり!

第2位EPARK車検

EPARK車検公式

店舗数 キャンセル料 クレジット払い 引取&納車 総合評価
2,500店舗
3日前まで無料
全店対応
不可
星4個4.2

2,511店舗もの整備工場が加盟している大手車検見積りサービスです。加盟店が多いので、車検費用の競争効果も期待できます。引取&納車には対応していませんが、ディーラー車検よりもお得になるのでおすすめです。

EPARK車検で無料見積もり!

第3位ホリデー車検

ホリデー車検公式

店舗数 キャンセル料 クレジット払い 引取&納車 総合評価
250店舗
当日でも無料
一部不可
不可
星35個3.8

加盟店が少ないので、地域によっては最寄りの店舗がない場合がありますが、フランチャイズ展開しているサービスなので、値段の安さは折り紙付きです。近くにお店がある方にはおすすめできるサービスです。

ホリデー車検で無料見積もり!

迷ったらGoo車検がおすすめ!

Goo車検公式サイト
初めてネット申し込みの車検を使うならGoo車検を選んでおけば間違いありません。

車検費用が安くなるのは当然として、車の引取&納車までやってくれるので、便利さの次元が違います。

ディーラーに言われるがままの高い車検を受けるなんて、ホントにもったいないですからね!

Goo車検で無料見積もり!

ネット車検のデメリット

  • 交換部品が純正ではない
  • 車検見学が難しい
この2点がネット車検のデメリットです。

ただ部品が純正か純正じゃないかなんて、体感できる程の変化はありません。

もちろん、純正じゃないから性能が低いというわけではないので、「純正部品の方がいいですよ!」なんて軽々しく言ってくるディーラーの営業マンにはだまされないようにしてください。

それでも全部純正じゃないとイヤだという人は、値段を諦めてディーラーの高い車検を受けるようにしましょう。

ネット車検がおすすめできない人

  • ワイパーゴムやネジなどの消耗部品も純正品がいい人
  • 愛車の車検を見守りたい人
  • 車検も含まれたリース車を契約している人
特に注意が必要なのは、マイカーリースで車を買った人です。

マイカーリースの場合、車検費用などのメンテナンス費用が含まれた形で契約している場合があるので、販売店に確認してから申し込むようにしましょう。

ネット車検のメリット

  • ディーラー車検より値段が安い
  • 車検に掛かる時間が短い
車検の専門店を使う場合の1番のメリットは「値段」です。

車の状態によってはディーラーと比べて数万円単位で安くなることもあります。また、1日に実施できる数も多いので、車検に掛かる時間がディーラーよりも短いです。

まだあまり知られていないですが、ネット申し込みの車検は節約効果が凄まじく高いので、ディーラー車検が高いと思ったら、ぜひ1度試してみてください。

車検サービスランキングに戻る↑

車検に関するQ&A

ディーラー車検はなんで高いの?

1番の要因は交換部品やオイルの仕入れが定価だからです。ディーラーは新車を売ることがメインなので、消耗部品やオイルを安く仕入れることができません。よって、簡単なオイル交換などをするだけでもかなり割高になります。加えて、整備士が作業する時間が30分毎に加金されるシステムになっているので、内容に比例しない値段を請求されることがあります。

ネット申し込みの車検は品質が低いんじゃない?

いいえ。そんなことはありません。なぜなら、車検が通るか通らないかは国が定めた基準による判断なので、しっかり実施しないと車検が通らないからです。むしろそういう意味では、車検や整備を専門で扱うお店の方が、ディーラーよりも品質が高いです。

見積りより高い金額を請求されたりしない?

それは絶対にあり得ません。ただ、車検に取り掛かる前に車両の状態を確認するので、その時にタイヤの溝が減りすぎていたり、ガラスにヒビが入っているなどの場合には、しっかり案内があってから金額の変更になることはあります。

なんで車検が安くできるの?

1つは実施台数が関係しています。ディーラー車検の場合、基本的にはそのお店で買った人が対象になりますが、車検の専門店はどこで買った車でも対象にできます。また、ネットで事前申し込みがあることで、稼働率の低い店舗を少なくできる点も大きいです。もちろん、交換部品やオイルの大量仕入れによって価格を抑えられる点も安くできる要因になります。

車検サービスランキングに戻る↑

シェアしてもらえると嬉しいです!