1. ホーム
  2. 訳あり車を売る裏技
  3. ≫ローンが残った車を売る方法!知らなきゃ損する注意点とは?

ローンが残った車を売る方法!知らなきゃ損する注意点とは?

ローンが残った車を売る方法愛車を手放したいけど、まだローンが残ってる・・・
ローン期間中だけど、車を買い替えたい・・・

などなど、ローンの残債が残っている状態で車を売りたいと考えている人もいると思います。

そこで今回は、ローンが残った車を売る方法を紹介します。

難しいことはないので、ぜひ参考にしてみてください。

ローンが残った車を売る3つの方法

①ローンを一括完済してから売る
②残りのローンを乗り換える車に上乗せする
③車を売却してローン返済に当てる

ローンが残った状態の車を売る方法は以上の3つです。

ただ、乗り換えではなく、車を売りたいだけの人もいると思うので、個人的におすすめなのは③の方法です。

というわけで、ここでは③のやり方を詳しく解説していきたいと思います。

車を売却してローン返済に当てるやり方

車を売ってローン返済に当てるまず、この方法で車を売却する場合に必要な書類が5つあります。

  • 車検証
  • 委任状※
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
たぶん、この中で皆さんと馴染みがない物は「委任状」ですよね。

ローンで車を買った場合、車検証の「所有者」という蘭が、ディーラーだったりローン会社になっているのですが、これをあなた名義に変更する時に使う書類が「委任状」です。

こんな感じの書類↓
車の委任状
この書類はディーラーもしくは中古車買取店でもらえる書類になるので、どこで売却するにしても、ローンが残った車を売りたい旨を伝えれば準備してもらえます。

上記で上げた5つの書類さえ整えば、ローンが残った車を売ることが可能です。(もちろんその車を買った所で売らなくてもOKです。)

ローンが残った車を売ってからの流れ

これは車の買取金額によって対応が変わってきます。

買取金額がローン残債を超える場合

車がローン残債より高く売れた場合車の買取金額がローンの残債を超える場合は、単純にローンの残り分を一括で支払って終了です。一番シンプルで理想的な形ですね。

買取金額がローン残債を下回った場合

車の売却額がローン残債を下回った場合車の買取金額がローンの残債を下回った場合は、ローンの残りを一括で払う、もしくはローンの残りで再度ローンを組むことが可能です。

ようするに、ローンが残った状態の車を売るなら、ローン残債を超える値段で売ることが大切です。

ローン残債を下回らないように高値で車を売る事が重要!

ローンが残っている車を売る時に重要なこと当たり前ですが、車を高く売ることができれば、ローンを残すことなく車を処分することができます。

ということは、車を1円でも高く売れる方法で売却することが重要ということです。

車を高く売る手段として私がおすすめする方法は2つあります。

①愛車を一括査定で売る

車を一括査定で売るこれは車一括査定という無料のサービスを使って高く売る方法です。どこのサービスを使っても8社から10社程度の中古車販売店が競合して車を買い取ってくれるので、ディーラー下取りよりも遥かに高い金額で売れます。

ただ、登録後に複数社と日程調整をする必要がある点が弱点です。

その代わりにディーラー下取りより10万円単位で高く売れることもあるサービスなので、ローン残債を絶対に残したくない人はぜひ活用してみてください。

【2017年版】車一括査定おすすめランキング!

②愛車をオークションに出して売る

車をオークションで売るこちらはU-carパックという無料のサービスを使って車を売る方法です。約1,000社の買取店がオークション形式で車に値段を付けていくので、買取価格がドンドン上がるサービスになっています。

先程紹介した一括査定との違いは、電話や査定が1回で済む点です。

登録後に1本電話が来て、自宅もしくはガソリンスタンドで1回だけ査定をしてもらえばいいだけなので、一括査定より労力が掛からない点が優れたサービスです。

ただ、一部対応していない地域があるので、その点だけが弱点になります。

こちらもディーラー下取りより遥かに高い値段で売れるサービスになるので、個人的にかなりおすすめです。

【車査定の裏技】鬼のような電話なしで車を一括査定する方法とは?

ローンが残った車を売る方法まとめ

この記事ではローンの残債が残った車を売る方法を紹介してきましたが、注意する点は1つだけです。

ズバリ、「車をできるだけ高く売れ!!」です。

特に新車に乗り換える目的で、ローンが残った車を売る場合、ディーラーに言われるままに下取りに出してしまう人がいますが、それはかなりもったいないです。

長年付き合ってる営業マンがいるからディーラー下取りでも高く売れるという人もいますが、それはあなたの車の本当の価値を知らないだけです。

例えば、ローンが50万円残った車を下取りに出す時に、「30万円が限界だけど新車を買って頂けるなら50万円で下取りします。」なんていう営業トークは日常的に行われる手段です。

本当は50万円どころか80万円で売れる車でも何となく得をした気分になってしまうんですよね。

ディーラーはあくまでも新車を売ることが仕事なので、中古車販売店を超える値段で車を下取りする必要がありません。

極論、新車さえ買ってもらえれば車の下取りなんてできなくてもいいんです。

だからこそ、先程紹介したような車の一括査定や車のオークションで高く売るのが最近の常識になりつつあります。

ローンが残った車をディーラー下取りに出すのも、中古車販売店に売るのも、手続きとしては同じなので、最善の方法で車を1円でも高く売るようにしましょう!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。