1. ホーム
  2. 訳あり車を売る裏技
  3. ≫フロントガラスが割れた車を修理せずに高く売る裏技!

フロントガラスが割れた車を修理せずに高く売る裏技!

フロントガラスが割れた車を売る方法今回は、車のフロントガラスが割れてしまっている車を、そのまま修理せずに高値で売る方法を紹介したいと思います。

事故をしてフロントガラスがバリバリの車や、台風などの影響でフロントガラスが割れてしまった車を処分する時に活用して頂ければ幸いです。

それでは早速紹介していきましょう!

すぐに答えを知りたい人はこちら↓

そもそもフロントガラスが割れている車は普通に売れないのか?

まず先に前提を話しておくと、フロントガラスが割れている状態の車は、普通の買取店やディーラーでは買い取ってもらえません。

なぜかというと、フロントガラスが割れている、もしくはヒビが入っている車は、車検を通すことができず公道を走ることができないからです。

みなさんが聞いたことがある言い方でいうと「事故車」という扱いになります。

かと言って、フロントガラスの張替えやヒビの修理をしようとすると、少なくとも5万円以上、へたすると数十万円掛かります。

もちろん、まだ買ったばかりの車であれば直す価値がありますが、そろそろ買い替えを検討しているような車や、長年乗った古い車の場合は割に合わない修理費が必要になります。

よって、高額な修理費を払うぐらいなら、そのままの状態で売ってしまおうという話です。

フロントガラスを修理せずに高値で売る方法

フロントガラスが割れた車を売る方法は2つあります。

①事故車専門の買取店で売却
②車のオークションで売却

どちらの方法もフロントガラスが割れた状態のまま売却することができますが、各々のメリット・デメリットを解説しますね。

①事故車専門の買取店で売却する場合のメリット・デメリット

廃車買取110番の公式サイト事故車専門の買取で有名な所だと「廃車引き取り110番」というサービスがあります。

もちろん完全無料の出張査定サービスで、フロントガラスが割れている車をはじめ、エンジンが動かない車やタイヤが割れている車でも買い取ってもらえるサービスです。

廃車引き取り110番のメリット

  • どんな状態の車でも買取可能
  • 0円保証で廃車費用が絶対に掛からない
  • 窓口が1本で手間が掛からない
以上の3点が強みで、ボロボロになった車を0円以上で処分したい人におすすめです。

公式サイトに載っている買取実績では、こんな状態の車にも値段がついています↓
どんな車でも売れるサービスフロントガラスが割れている車はもちろんのこと、フロント部分がぐちゃぐちゃになっていても買い取ってもらえます。

万が一値段がつかない車でも完全無料で引き取ってくれるので、とにかく車を処分したい場合に活用してみてください。

⇨廃車引き取り110番で車を売る5ステップ!

廃車引き取り110番のデメリット

  • 新しい車の買取が苦手
  • 買取業者を比較できない
以上の2点がこのサービスの弱点です。

特にフロントガラスが割れていても新しい車や、走行距離が伸びていない車の買取は少し苦手な印象があります。

具体的な年式・走行距離で言うと、年式5年未満、走行距離7万キロ以下の車などが、これに該当します。

こういった車は、フロントガラスが割れている程度であれば、かなり価値が高い車になるので、後程紹介するオークションで売却する方がお得です。

②車のオークションで売却する場合のメリット・デメリット

U-carパックの公式サイト

車のオークションで有名な所だと「U-carパック」というサービスがあります。こちらも完全無料の出張査定サービスで、フロントガラスが割れている程度の車であれば、高値で売却することが可能です。

約1,000社の中古車買取店が入札をしていくサービスなので、競争効果で車を高く売ることができるサービスと言えます。

U-carパックのメリット

  • 1回の査定で複数の業者を比較できる
  • 電話が1本化されているので対応が楽
  • 一括査定のように高額査定が期待できる
以上の3点がこのサービスの強みです。

従来の一括査定とは違って、登録後に複数社から電話が来ることもなく、査定もたった1回で済むので、かなりおすすめのサービスになっています。

特に年式が5年未満で走行距離が7万キロ以下の車であれば、フロントガラスが割れている状態でも、十二分な買取金額が期待できます。

フロントガラスは割れているけど、ある程度新しい車を売る場合は、ぜひ活用してみてください。

⇨U-carパックで車を売る5ステップ!

U-carパックのデメリット

  • フロントガラス+αで壊れている車は売れない
  • 一部の地域で利用できない
以上の2点がこのサービスの弱点です。

フロントガラスが割れている程度の車であれば、全く問題なく売却できますが、エンジンが動かない車やフロントがぐちゃぐちゃになっているような車は出品できません。

こういった車を売却したい場合は、先程紹介したサービスの方がおすすめです。

①の方法をもう一度見る↑

フロントガラスが割れた車を売る方法まとめ

今回はフロントガラスが割れた車を修理せずに売る方法を紹介しましたが、最後に1つだけ注意点があります。

それは、買取金額アップを狙っての修理は絶対に損!という点です。

売らずに乗るという選択をした場合は、フロントガラスを張り替えるしかありませんが、これから売る予定の車であれば絶対に修理しないでください。

冒頭で説明した通り、フロントガラスの修理は小さいもので5万円程度、張替えになると数十万円することもあります。しかし、それだけのお金を掛けて直しても、買取金額が5万円〜数十万円も上がることはあり得ません。

もちろんフロントガラスが割れているよりは、割れていない状態の車の方が高く売れますが、修理に掛かる費用を考えると絶対に損です。

どうせ車を手放す予定であれば、ありのままの状態で売った方が結果的にプラスになります。

この1点だけ気をつけて頂ければ、先程紹介したようなサービスでしっかり売却できるので、フロントガラスが割れた車を手放す際には、ぜひ活用してみてください。

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。